会社情報

社長メッセージ
社長メッセージ
「頼れる職人企業」 から 「感動のサービス」 を経てー
「おもてなしの心で」を目指す

昭和27年創業より自動車用の熱交換器パイプ、および板金部品の製造を行なっております。
大量生産の時代から多品種少量生産の時代へと変革をして行く中で、それぞれの時代にマッチした生産設備の設計から生産企画を行ない、さまざまな品物に対応できる「ものづくり」を行なって参りました。自律性を重んじた職人企業を目指し一人ひとりが生産管理から製造、検査まで責任を持って行なう仕組みを構築し、更なる発展を目指しています。
また、2016年8月には先端技術とビジネスが世界から集まるシリコンバレーに拠点を開設。さらなる技術・品質向上とIoTやAIなど新たな分野でチャレンジします。
70周年に向けてアタックV70活動を展開し、お客様に品質、コスト、納期、開発力で満足し感動していただけるよう、社員全員一歩一歩努力して参ります。これからも日本に根差したグローバルな発展を目指したいと思います。

代表取締役 林 英夫

会社概要
社名 武州工業株式会社
創業 1951年
資本金 4000万円
所在地 本社工場 : 東京都青梅市末広町1-2-3
村山倉庫 : 東京都武蔵村山市榎2-59
新町サテライト工場 : 東京都青梅市新町9丁目2221-2
従業員 男 122名   女 38名   計160名 
平均年齢 35歳
業務内容 自動車用金属加工部品 板金、プレス、樹脂加工 自動制御機械製作
パイプグラム BIMMS on AWS
主要取引先 建設機械メーカー 自動車メーカー 特殊車両メーカー

本社工場

本社工場

村山倉庫

村山倉庫

新町サテライト工場

新町サテライト工場

沿 革
1952-1975
1952年 12月 武蔵村山市に板金工場設立
1956年 4月 日本ラヂエーター株式会社取引開始(板金 シュラウド)
1957年 7月 ラヂエーターパイプ受注
1960年 8月 昭島工場新設
1965年 8月 武蔵村山市に村山工場新設
1970年 4月 青梅市に本社および青梅工場新設
1975年 7月 青梅工場増設
1952-1975
1952年 12月 武蔵村山市に板金工場設立
1956年 4月 日本ラヂエーター株式会社取引開始(板金 シュラウド)
1957年 7月 ラヂエーターパイプ受注
1960年 8月 昭島工場新設
1965年 8月 武蔵村山市に村山工場新設
1970年 4月 青梅市に本社および青梅工場新設
1975年 7月 青梅工場増設
1980-2000
1980年 6月 500t深絞りプレス稼動
1981年 2月 エアコンパイプ受注
1982年 5月 日産自動車取引開始
1983年 4月 「アタックV35」活動キックオフ
1984年 4月 NCベンダー導入
1987年 2月 アルミヒーターパイプ受注
1987年 4月 「アタックV40」活動キックオフ
1987年 6月 1個流しライン化
1987年 10月 パソコン導入(SORD-PIPS マクロ化)
1992年 4月 「アタックV45」活動キックオフ
1989年 3月 3次元レーザー稼動
1997年 4月 「アタックV50」活動キックオフ
1999年 10月 3D CAD 導入(TOP SOLID)
2000年 11月 ISOQMS 9002:1994年版取得
2001-2013
2001年 4月 TAMA協会 EDIネットワーク事業参加
2002年 2月 法政大学との産学協同研究(スケジューリング)
2002年 4月 「アタックV55」活動キックオフ
2003年 11月 ISOQMS 9001:2000年版に更新
2004年 4月 三共ラヂエーター株式会社取引開始
2005年 6月 株式会社TRAD 取引開始
2006年 3月 3D CAD IDEAS導入
2006年 5月 ISOEMS 14001:2004年版取得
2007年 2月 佐野市産業振興貢献企業賞 受賞
2007年 4月 「アタックV60」活動キックオフ BSC導入
2007年 12月 NEDO助成20kW太陽発電装置設置
2008年 9月 R軸制御精密パイプレーザー加工機導入
2009年 6月 全国中小企業中央会補助 小型ハイドロフォーミング加工機開発
2009年 12月 ISO 9001:2008年版に更新
2010年 2月 日経新聞に「武州式一個流し生産」紹介
2010年 3月 エミダス工場検索2009年度アクセスランキング 第1位獲得
2010年 4月 三共ラヂエーター株式会社様より「納入品質 優良賞」受賞
2010年 7月 経済産業省委託事業 可変曲げRパイプ加工機開発
2011年 3月 東京都信用金庫協会 優良企業表彰特別奨励賞 受賞
2012年 4月 「アタックV65」活動キックオフ ES活動推進
2013年 3月 3月15日 新町サテライト工場 竣工
2014年1月 東京ビジネスデザインアワード「最優秀賞」受賞
2014年2月 認定NPO法人 環境文明21「環境力大賞」受賞
2014年11月 パイプグラム グットデザイン賞受賞
2015年1月 パイプグラム iFデザインアワード受賞
2015年6月 パイプグラム 2015年度グットトイ受賞
2015年10月 攻めのIT経営 100選 選定
2015年12月 多摩グリーン賞「最優秀賞」受賞
2016年1月 日刊工業新聞「地域貢献賞」受賞
2016年1月 はばたく中小企業300 選定
会社方針
会社方針

私達は、創意と熱意と人の和で、職場の体質改善を計り、顧客に信頼され、働き甲斐のある企業にする。

品質基本方針

「お客様満足度の向上」を目指し、お客様に喜ばれ、信頼される製品を提供する。

社会貢献
法令遵守:優良申告法人表敬

「産業報国」が日本の生きる道と考え納税は事業活動の基本と考えています。1968年(昭和44年)より赤字決算は無く適正納税を実践し、5年に一度の表敬を7回数え、立川法人会2万社中2社の栄誉を賜っております。

社会貢献:道路の清掃活動(1998年より毎日)

(1998年より毎日)
「アタックV活動」を基本に事業と関連したさまざまな社会的行動を通じて、
企業としての責任を果たし、社会からの信頼を得ています。

社会貢献
環境理念・環境基本方針
環境理念

武州工業(株)は、「物作りを通じ、地域社会の一員として、社会の健全な関係を重視し社会奉仕する」という思想を基に、企業活動と自然環境の調和を計る為、全社員の創意と工夫で環境の向上を進めて行きます。

環境方針

私たちは金属パイプ加工・板金加工による製品の開発・生産・販売の事業を行うに当たり、環境保全を最重要課題のひとつとして位置付け、豊かな社会の発展を目指して以下の活動を推進して行きます。

  1. 事業活動・製品・サービスに関わる環境影響を認識し、環境管理重点項目として、可能な範囲で環境目的・目標を定め、環境の3R(リデュース、リユース、リサイクル)に積極的に取り組みシステムの継続的改善活動及び環境の保護と汚染防止を推進して行きます。
  2. 社員に地球環境の啓蒙教育を実施し、環境保全の意識向上を推進して行きます。また協力会社に対しても理解と協力を求める。
  3. 地域の環境保全活動に積極的に参画して、地域社会との健全な関係に努めて行きます。
  4. 関連する法律・規制・条例及びその他の要求事項を順守し、当会社の技術的・経済的に可能な範囲で自主基準・規定などを整備し環境保全に取り組んで行きます。
  5. 生産工場として、生産性・ロス・故障の減少・書類処理の削減等に取り組んで行きます。
  6. この環境方針は、当会社で働く、又は当社のために働くすべて人々と一般の人々に開示する。