品質管理

お客様の信頼を財産として成長

お客様に信頼され、選ばれ、ご満足いただけるものづくりのために、
品質保証部が中心となり「アタックV活動」を始めとする改善活動を継続的に実施。品質、コスト、サービスなどを絶え間なく見直し、向上を図っています。

お客様の信頼を財産として成長
お客様の満足を第一に考えるCS活動

顧客満足創造を製造業としての基本と位置づけ、
CS(カスタマーサティスファクション)志向の経営システムの確立を目指し、アタックV活動、QCDDS改善などに取り組んでいます。

お客様の満足を第一に考えるCS活動
お客様の満足を第一に考えるCS活動
CS(カスタマーサティスファクション)志向の経営システムの確立
品質保証部の取組

「お客様満足度向上」を目指し、
お客様に喜ばれ信頼される製品を提供するために品質保証部を設置し、
年度のはじめに目標及び計画を設定する「アタック活動」などを行っています。

今期目標
品質実証(納期不良)2016年度までにゼロを目指す。
今期目標
今期目標
基本理念
1

工程での物造り▶冶工具、設備、ポカヨケ等で不良品を造れない仕組みを作り、維持管理出来る保証体制の構築を目指している。
(3Z保証活動)

2

不具合品は顧客の信頼度を失う最大の要因ととらえFTA解析により、不具合の要因を特定し、対策内容を管理項目として、工程品質マトリックス、作業標準書、検査規格書、3Z保証改訂及びポカヨケの追加。

3

新規受注品で新規性の高い製品に対しては「生産前品質保証活動」(サプライヤーマスタースケジュール)を基に顧客の要求品質を満たすためプロジェクトチームで活動している。

4

日常管理▶要求された品質特性が確実に出来ているかを初品、中品、終品で確認する仕組みで運用し、工程能力(Cpk)評価する。

5

教育関係▶人のスキルアップ及び質の向上を目指し、「職人集団」を育成する。 重点管理項目は繰り返し計画的(定期的)に実施する。(教育・訓練)

6

作業方法、型、冶工具の標準化の推進。(標準化の7つの目的)
6-1▶正しい作業のやり方を決める
6-2▶誰が作業しても同じ作業が出来るよう作業方法を一定にする。
6-3▶作業が円滑に進められるように作業の分担を明確にする。
6-4▶新しい職場に入った人が正しい作業が習得できるようにする。
6-5▶技術を確保し、伝統の大切さ、職人育成のため後々まで受け継がれるようにする。
6-6▶作業の内容を明確にし、技術の進歩のための手掛りとする。
6-7▶安全第一に作業環境の整備を行い安全に作業が出来るようにする。

QCDDSの改善

すべての業務において現状に満足することなく改善をすすめ、
成長を目指します。

QCDDSの改善
QCDDSの改善
Quality(品質)
QESE現場診断
Cost(価格)
VA(価値分析Value Analysis)、
(価値工学Value Engineering)の提案
Delivery(納期・物流)
納入遵守率98%生産RT短縮
Development(開発)
開発リードタイム短縮・設計変更への迅速対応
Service(顧客サービス)
お客様のお困り事、クレームへの迅速な対応
日本経営品質賞を目指して

日本経営品質賞は人材・技術・知的財産などの企業力を1000点満点で
総合的に評価する表彰制度。
武州工業はISOを越える評価基準として取得を目指します。

取得に向けてのステップ

・従業員満足度の向上
・給与体系の見える化
・正社員化

日本経営品質賞を目指して
武州工業は取得及第点の600点を目指してステップアップを続けています。
過去のアタックV活動
アタックV活動(中期戦略)

1985年から5期ごとにテーマを決め、
お客様満足度向上につながる品質向上を大きな目標として
改善活動を進めています。

アタックV65マークの意味
アタックV65マークの意味
社長が幼少の頃、父より「ごみを捨てる時は片付ける人の気持ちを考えてきれいに畳んで捨てなさい。」と教えてくれたのがこの畳み方です。紙ごみを縦横比1:5くらいに畳んで、上に上にと90°で畳み続けて、最後を下に入れてみてください!!美しいです。
アタックV50「限りなきコストダウン」
アタックV55「頼れる職人企業へ」
アタックV60 「感動のサービスを提供する」
アタックV65「おもてなしの心で」
使う方の立場になってものづくりを行っています。そこで、今期は、単品での製品の保証を見なおし、お客様と密接なコミュニケーションを図りながら工程内品質保証体制を確立してまいります。
「目指せAランク」は全数保証をはかる上で重要な活動ですので、当社の3Z保証を更に徹底してまいります。一個流しの中で工程内品質保証を行うようにし、全数保証行為の工数を出来るだけかけずに行う仕組みを構築してお客様の信頼を製品で実現していきます。
【工程保証度】
Aランク
Aランク
人の判断を伴わない
自動全数検査
Bランク
Bランク
治工具で確認
Cランク
Cランク
治工具で確認
過去のアタックV活動(中期5か年計画)
アタックV50「限りなきコストダウン」
▶限りなきコストダウン
客先改善チームを作り、あらゆる面からコストダウンに挑戦しました。
・ミニ設備、掛持ち生産の事例発表会を武州工業内で開催
・武州製品の内製化を実施
・空き時間にコストゼロで製作
・不良ゼロ、在庫ゼロ、時分割納入
・在庫極少化のための生産方式の検討
▶限りなきコストダウン
▶不良ゼロへの挑戦・3Z保証
ステークホルダーとも連携してあらゆる工程で不良を排除。無駄のない高品質な生産を実現します。
1.作ら
非量産対応の汎用ポカヨケ※開発:組立ミスをなくすための自社開発設備
2.流さ
作業者に優しい情報シートの推進:不良を作らない、次工程へ不良を流さない
3.受け取ら
購入部品の不良撲滅:仕入先等からの不良を受け取らない
※ポカヨケは、工場などの製造ラインに設置される作業ミスを防止する仕組、装置を指します。
アタックV55「頼れる職人企業へ」
▶頼れる職人企業へ
自分で計画、自分で管理する「6ゼロ」生産活動に取組みました。
アタックV55「頼れる職人企業へ」
アタックV60 「感動のサービスを提供する」
▶感動のサービスを提供する
「感動のサービスを提供する」をテーマに、お客様に信頼される企業、お客様に喜ばれる企業への成長を目指しました。
・今まで培ってきた製造技術、生産体制をベースに、全従業員一人ひとりがお客様に何ができるか、何をするべきかを考え、モノづくりを通して「感動のサービス」を提供する。
・社内、お客様、協力工場、仕入先の全てに対して満足するサービスを考える。
・バランススコアーカードを利用してISO9001、 ISO14001の活動と日常活動の融合を深め「物の質から仕事の質へ」変革を図る。