社員インタビュー

製造部 M・K

「自分で考えて仕事を進める面白さ」
「武州工業でずっと働いていきたい」

Q1 現在の仕事内容と醍醐味を教えてください。

医療機器部品や知育玩具などに使うパイプ部品を加工して、検査して、発送するところまで、幅広くやっていますね。
範囲も広いですし、色々なことをしっかりと進めていくというのは、一筋縄でできることではないですよね。
でも、武州工業では「こうしなさい」という縛りは最低限しかなくて、「この仕事は、こう進めていこう」って自分で考えて、自分で作業手順をつくれるんですよ
指示されたことだけやるということではないので、やっぱりそこが面白さですかね。

Q2 印象に残っているご自身の成長体験を教えてください。

相手のことを考えてコミュニケーションをとることが、なかなかできなくて、自分も周囲も困ってしまったということがありました。
自分本位ではなく、相手はどう考えているのか、どうしてほしいのか、どう感じるのかを考えなければ、周りと上手く連携して仕事を進めることはできません
そういうことが得意な先輩のやり方を見たり、教えてもらったりしながら、徐々にできるようになってきましたね。

Q3 今後の目標をを教えてください。

もちろん、今のものづくりの現場でさらに活躍できるように技術や知識を身に付けていきたいですね。
あとは、もっと先の話をすると、私は武州工業でずっと働きたいと思っているので、活躍できる幅をもっともっと増やしていきたいとも考えています。
そのために、自己研鑽を大事にしていますね。
具体的に言うと、会社の全体像を把握しながら仕事ができる経理の仕事もやってみたいなと思っていて、先輩社員に勧められた経営に関するような本を読むようにしています。
とにかく、技術者としても、武州工業で働く1人の社員としても、幅をどんどん広げていきたいですね。